目次


第1部 開発正史―私たちの「海底地震計」が出来るまで
(なぜ、海で 海底地震計の測器『学』 ロープ係留式海底地震計 タイマー式海底地震計 そして、海で タイマー式の限界 トランスポンダー式海底地震計)

第2部 列国事情―世界中の科学者が競い合う
(米国 ソ連 イギリス フランス 西ドイツ カナダ)

第3部 最新成果―ここまで分かった「日本の地震」
(マリアナ海盆長距離爆破 琉球海溝人工地震実験 日本海溝自然地震観測 三陸沖と福島沖の謎 余震観測のもたらしたもの 地震予知の現状と期待)

拙著『地球の腹と胸の内――地震研究の最前線と冒険譚』を出版した後で、以下の間違いに気がつきました。著者として申し訳ありません。(なお、さらに間違いがありましたら、ご指摘いただければ幸いです)。



ミスプリント


1:23頁図 (誤)(1988)宮城県沖地震   (正)(1978)宮城県沖地震
2:225頁図 速度目盛りと数字とが合っていない(0−5−10)

島村英紀・著書一覧(『地球の腹と胸の内――地震研究の最前線と冒険譚』)へ
島村英紀ホームページトップに戻る



SEO [PR] 住宅ローン フラワーギフト 必勝祈願 冷え対策 動画 無料レンタルサーバーSEO