島村英紀の裁判通信・その22
(2007年1月26日)

(控訴断念)


島村英紀は本日、札幌高裁への控訴を断念しました。

みなさまから多くのアドバイスをいただき、島村本人も期限の5時直前まで悩んでいましたが、先ほど「控訴断念」を決め、「懲役3年執行猶予4年」の有罪判決を受け入れることにしました。

詳しい理由については、これから島村が書きます

本人がどれほど悔しい思いをしているか、いままでを知るみなさまならご理解いただけると思います。どうかゆっくり書かせてやってください。

<編集部>

島村英紀の裁判通信」の目次へ
ノンフィクション・島村英紀の家宅捜索・逮捕・連行劇
ノンフィクション・島村英紀の獄中記
海底地震計・海底地震観測とはどのようなものなのだろう
悪妻をもらうと哲学者になれるなら:海底地震学者は「哲学者」になれる
島村英紀のホームページ・本文目次に戻る
島村英紀が書いた「もののあわれ」

誰も書かなかった北海道大学
私を支援してくださっている奈和浩子さんのホームページ



SEO [PR] 住宅ローン フラワーギフト 必勝祈願 冷え対策 動画 無料レンタルサーバーSEO