今月の写真
数字の一人歩き、ここにも。

確実に頼れるものがない時代。人々がよりどころにするのは数字になる。

これは、あるテレビ局の玄関を入ったところに、毎日掲示してある視聴率の数字。右後ろのドアの大きさからわかるように、人の背よりも高い大看板である。いやでも、前を通る全社員の目に入る。

%以下の微小な数字の上がり下がりに関係者の一喜一憂がある。視聴率を計算する母集団のサンプル数が限られているから、数字にはプラスマイナス4%もの曖昧さがある。しかし、そんなことはどこかへけし飛んでしまって、ここでは数字がすべて。

ある意味では、どんなに内容がよくても、目が高い一部の視聴者の評判が高くても、数字が低迷していれば、
その番組の将来はないのである。

数字といえば、最近話題になった「首都圏の直下型地震が4年以内に70%」という東京大学地震研究所の”予言”も話題になった。いままでの政府の地震調査委員会の「30年以内に0.5〜2%」といった低くて、どうでもいい数字と違って、「4年」「70%」という数字が一人歩きして、騒ぎになったのであった。しかし、これも、すべてのニュースを呑み込んで消費してしまう現代にあっては徒花のひとつになってしまった。


島村英紀が持っているアフリカの面
「今月の写真」の一覧へ
島村英紀・本文目次に戻る
島村英紀のホームページ・更新記録
島村英紀の撮った写真の索引



SEO [PR] 住宅ローン フラワーギフト 必勝祈願 冷え対策 動画 無料レンタルサーバーSEO