巨大なスキーを履いた南極の輸送機のコックピットでの近影

この機体は巨体を支えるスキーを履いていることだ。もちろん、南極の雪の上に着陸するためだ。正式の形式名はLC-130H。Lは極地用を意味している。

もっと(2009年の)近影へ
本文目次に戻る
前の写真に戻る
じつは昔から高いところへ登るのは得意でした



SEO [PR] 住宅ローン フラワーギフト 必勝祈願 冷え対策 動画 無料レンタルサーバーSEO