サイトマップ風・雑文エッセイの索引その1 : テーマ別
(かなり主観的・感覚的なものです。またあえて重複させています)

なお、索引その2:硬軟別の索引はこちらにあります。
なお、最近の雑文・エッセイの一覧(発表順)はこちらにあります。


フィールド科学者の哀愁(とヨロコビ)

石から分かる歴史とナゾ 石から地球の歴史を読み解く学問の「敵」は人間でした
乳頭温泉死亡事故 迫る危険に気づかなかった? 火山ガスで一般的な硫化水素は濃度が高いと感じない危険があるのです
「噴火の前兆」 空振りのナゾいまにも噴火しそうな「前兆」がたくさんあったのに噴火しなかった活火山
死亡事故多数、最も危険な火山学者火山学者は火山で何人が死んだでしょう
詩人と科学者:その共通点と悩み
原発事故と地震学者:誰かが危険地に行かなければならないとき
カビの煙幕:地球物理学者は「
邪魔者」に死んでもらうことにしました
地球物理学者の職業病:地球物理学者がじん肺になる危険性が高いのは知っていました?
美人学者

地球物理学者の季節:「季節感」のある学問、ない学問
「地球物理学者の焦り」 :旧ソ連諸国や中国がコスト意識に目覚めたとき
地球物理学者の社会貢献:地震学者が警察に感謝されるとき
地球物理学者の人生:氷河学者の落胆

国立極地研究所・新所長からのメッセージあえて「不器用な」研究を薦める理由
貧乏学者の海外巡検:北海道の地球科学の進歩を邪魔するものはを追加。
地球物理学者の悪夢
: 地球の反対側の他山の石
観測船の玉手箱
地球物理学者の後遺症:南極科学者の後遺症とは
 新シリーズその5:「流浪の科学者」
地球物理学者の忘れ物:南極観測隊長の観察
地球物理学者の財布 フィールドサイエンスのお値段
私が推薦するフィールド科学の本5−6月は若い人たちが進路を考える月だそうですので。フィールド科学の宣伝を。
ある科学者の転落事故国中を一喜一憂させた地球物理学者
フランス人の冗談:地球物理学者はどんなときに命の淵から還った喜びを味わうのだろう
場違いの地球物理学者:地球物理学者はどんなときにフラストレーションがたまるのだろう
ラクダの手綱になった地震計ケーブル:地球物理学者の魂はなぜアフリカをさまようことになったのだろう
南極観測船の船出:地球物理学者の別れはなぜ味気なくなってしまったのだろう
東海地震研究最前線の苦悩:地球物理学者はなぜタケノコを敵にまわさければらないのだろう
「若い学生へのメッセージ」:フィールドサイエンスに来たれ
観光船の天国と観測船の地獄:北極海であこがれたチキンライス
悪妻をもらうと哲学者になれるなら:海底地震学者は「哲学者」になれる
地球物理学者の定年:81歳で南極に挑む理学博士
科学者の運と不運:地震と火山の科学者は他の科学者となにが違うのだろう
心臓に悪い研究とは
地球物理学者は何に安堵するのだろう

「外交」が左右する研究:地球物理学者は、どんなときにもみくちゃにされてしまうのだろう
 地質学者の驚愕 : 女子学生のフィールドワーク
看護婦の小さなミス:噴火の避難所での事件
 1975年『蛍雪時代』新課程入試用 学部・学科&進路案内号・5月臨時増刊(66KBのjpegファイル) : すでに1975年にも、稚拙ながらフィールドサイエンスを謳っていました


南極研究者もつらいのです

氷の世界で繰り広げられる不思議 南極点は南極基地を載せたまま毎年10メートルずつ流れていっているのです
温暖化調査のカギ握る「棚氷」地震計 フランスほどの大きさの「棚氷」が地南極の氷河が海に落ちるのを押さえているのです
「南極の火事」:南極基地がいちばん怖れるものとその理由
島村英紀の極地研究所所長日記:新所長が直面する驚きの日々
「地球物理学者の勲章」:南極科学者しかもらえない「勲章」のウラオモテ
「科学と国益のバランス :南極観測に参入する国が増えている「科学以外の」理由
「南極に学ぶ 栄光と挫折の歴史」:連帯や友情といった、現代の日本では死語になりかかっている言葉が、まだ輝いている世界
越冬隊員の身体検査:越冬隊員の検査から社会が見える

日本の南極研究50年:南極観測船『しらせ』と『ポラーシュテルン』の違いとは
地球物理学者の定年:81歳で南極に挑む理学博士
地球物理学者の分担金:学者の誇りを制限するものは
地球物理学者の後遺症 :南極科学者がかかりやすい後遺症とは
世界の南極研究、日本の南極研究 『極地』巻頭言:南極研究とハングリー精神
地球物理学者の忘れ物:南極観測隊長の観察
s 「年末にふさわしい雑文」:地球物理学者の反省
「南極基地でいちばん怖いものは火事世界で、もっとも消防署を必要としながら、じつは消防署がないところ
「季語としての”年末”の雑文」:しなびたジャガイモしか食べられない場所
学者にとってのニンジン南極観測隊員の不運


なかなか尻尾を出さない地震

信用されない津波警報東日本大震災の被災地でも津波警報で逃げない人が6割もいました
想定外とどう向き合うかそれが専門家にとっても社会的な責任のはずなのですが・・
東日本大震災から6年・・火山活動も活発化東北地方太平洋沖地震の影響は地震だけではないのです
津波よりも恐ろしい鉄砲水カリフォルニアにある全米一の高さのダムで19万人に避難命令が出ました
油断した人々をのみ込む津波地震 南海トラフ地震の先祖は「まっとうではない」先祖がいたようです
繰り返されてきた連動地震の恐怖 日本最大のナゾの地震、天正地震
イタリアの地震が起こした雪崩?日本でも地震が起こした雪崩で死亡した可能性があるのです
戦時下に起きていた「逆神風」三河地震は「日本人が知ってはならない」地震でした
大量の軽石が流れ着いた理由日本で起きる群発地震はマグマ絡みのものが多いのです
自然災害死者の90%が低中所得国の人々この20年の間に世界でもっとも被害が大きかった災害は地震・津波でした
2017年の元日は「うるう秒」の日たかが1秒、されど1秒。文明社会では、意外な影響が
次々に起きている人為的地震 近年のシェールガスではない昔の石油掘削も、じつは地震を起こしていました
スーパームーン 地震の引き金か 太陽や月の引力が地震を起こすという説が二つ出ました
最新の住宅も倒壊の危険 2016年4月の熊本の地震で戦慄すべき事実が分かりました
安政江戸地震と天才絵師 歌川国芳の一生は日本最大の内陸地震・安政江戸地震で終わるところでした
米国の被害から学べなかった日本 日本政府の調査団は「教訓」を得られませんでした
地震が引き起こした大洪水 世界史上最大の洪水は、じつは地震が起こしたものなのです
熊本地震は内陸直下型 : 全国どこでも起こる可能性がある地震が熊本でも起きました
富山県で続く不気味な群発地震 400回を超えた群発地震はダム地震か、火山地震なのでしょうか
あてにならない”余震予知” 学問的な裏付けのない余震の予知を気象庁はやっとやめました
「中世以来」イタリア中部地震の警告 数百年間以上、地震が起きなかったところでも直下型地震は起きています。世界各地でも、日本でも例外ではありません
穏やかな地点でも起きる岩屑なだれ 熊本地震でもかつての富士山でも岩屑なだれが起きていたのです
あいまいな「地震予知」がもたらす悲劇 日本にとって他人事ではないイタリアの地震予知裁判は終わったものの・・
巨大地震でダムは凶器と化す 大きなニュースの陰に隠れてしまいましたが、地震のときのダムは大きな被害を生むのです
人の手が新たな地震を生みだしているのか 人間が地球に”何か”をすると地震が起きるのです
不意をつく「津波地震」の恐怖 揺れが大したことはなくても大津波が襲ってきた明治三陸地震
社会の進歩に伴い深刻化する地震被害 40年ごとに仙台沖で繰り返す地震では、そのたびに震災が大きくなってきました
未知のプレートが生み出す巨大地震 33年前の日本海中部地震は地球物理学者にとって衝撃の学説を生みました
巨大地震に弱い震度計の問題点 震度7が2回というまでには深いワケがありました
熊本地震が示した「地域地震係数」の危うさ 熊本県のせいではないのに閉鎖されてしまったホームページ
”忘れた頃にやってくる” 日本で避けられぬ直下型この名言は首都圏にこそふさわしいのです
熊本でも起きていた「誘発地震」 誘発地震を起こした断層が天然記念物になります
行政の判断があいまいな「震災関連死」 地震の死者数は警察発表と実際の数は違うのです
「バミューダ・トライアングル」の正体 バレンツ海の海底で発見されたメタンハイドレートの爆発で出来たクレーター
過疎地域を襲う直下型地震 高齢者の多い過疎地域に起きる大地震は人口減少にトドメをさしかねないのです
全国各地で危ぶまれる「ガラスの雨」 起きた日時に「救われた」福岡県西方沖地震
認定が急がれる「本震」に先立つ「前震」 浜田地震は前震が分かった珍しい大地震でした
課題が残る災害救助犬と災害用ロボット フクシマの原子炉に入ったロボットは、たちまち死にました
東日本大震災が引き起こす「次の地震」 起きたら怖いアウターライズ地震
群発地震が示すマグマの動き 伊豆半島東方沖に起きる群発地震に、地震学者はいつもドキドキしているのです
台湾南部の地震は「対岸の火事」ではない 日本にとって「明日は我が身」かもしれないのです
東京で相次ぐ「地鳴り報告」地震の前兆か 奄美大島の怪音は地震や火山ではなく、飛行機が原因でした
地下深くの震えが大地震を誘発 浅い地震に先駆ける?深発地震
核実験が地震観測にもたらした変化
北朝鮮の核実験を捉えそこなった地震計
元日早々から「津波警報」の誤報
自治体初の仕組みは潮の満ち干に足をすくわれました
災害は年末年始も容赦しない
1994年から1995年にかけての年末年始は最悪でした
大陸プレートが生み出す地震と宝石
ミャンマーのヒスイもルビーもプレートが作ったものなのです
安政地震が示す首都直下型の恐怖
安政地震(1855年)の震源の深さがようやく分かって・・
人の手によって生み出された想定外の地震 地震がなかったオランダでもガス田で地震が起き始めて・・ 
海底で起きている巨大地滑り 海底で東京稚内間よりも長距離を走った海底地滑りは地震が引き起こしたのです
宝永地震で300年の時を超えた新事実 大阪だけで死者21000人 南海トラフ地震の「先祖」13個はそれぞれ個性があったのです 
社会の高度化がもたらす犠牲者増の皮肉 地震エネルギーの放出が多い年と犠牲者数が多い年の不一致 
世界各地で繰り返される「地震弱者」の悲劇 地震常襲地帯なのに「日干し煉瓦」で家を造る理由 
地震学に大きな影響与えた濃尾地震
内陸直下型地震は起きてみないとその大きさが分からないのです
特定の高さの建物襲う「地震波」の恐怖
震源から300km以上も離れたところで大被害を生んだ理由 
最前線の研究者も大地震の前には無力だった
トルコの1000kmの地震移動に挑んだ科学者の敗北
未来エネルギーが引き起こす「人為的地震」 このところ踏んだり蹴ったりのシェールオイル開発
巨大氷河が地震を引き起こした?氷河が消えてから数千年もたって大地震がおきることあがるのです
議論が分かれる巨大地震前の「静けさ」 「嵐の前の静けさ」は大地震にもあるのでしょうか 
津波被災地が抱える復興後の課題 復興支援金は被害額を超えた「優等生」被災地だったのですが・・
戦災に追い打ちをかけた巨大地震”福井地震” 誘発地震の学説も 福井地震から67年。震度7が作られたきっかけでした
地滑り地形だらけの日本列島 岩手・宮城内陸地震が引き起こした東京ドーム54杯分の地滑り
震源の深さに救われた過去の首都直下型 埼玉県北部の地震はたまたま深かったから「救われた」のです
深発地震の脅威 47都道府県で震度1以上 深発地震にはまだいろいろなナゾがあるのです
100年以上続く余震「嵐の前の静けさ」は本当かも 「余震の地震予知」もむつかしいことが分かりました 
日本で最大津波を起こした琉球海溝 まちがって人魚を捕まえてしまった漁師が人魚から教わった津波
「プレートの異端児」が起こしたネパール地震 インド亜大陸の数奇な運命
江戸時代は桶の水で震度を判断 明解で分かりやすい「震度」は江戸時代にも必要とされていたのです
警察署長がウソついた「諏訪大地震」 40年以上もたってからこの地震がじつは東南海地震だったことが公式に明らかにされたのです
1700年の日本の津波被害から判明 米巨大地震 50年以内の発生確率75% 米国西岸にも巨大地震が起きる可能性が21世紀になって分かったのです
都会襲う「火災旋風」の恐怖 70年前の米軍による東京大空襲と同じように、地震でも起きたのです
大分で初「地震の遺跡」発見遺跡の発掘で昔の地震を知る「古地震学」
南海トラフの「先祖」 明応地震の破壊力かつて地震で壊滅した県庁所在地はここだけ
南海トラフ地震の「先駆け」となった西日本の直下型地震1月の城崎温泉の大火で地震学者が思いだしたこと
地震発生から5年 世界から忘れ去られたハイチの悲劇以前の地震が忘れ去られる残酷は日本でも
阪神大震災から20年 時刻の偶然に「神の存在」「偶然」に助けられた新幹線
「崩壊危険」迫るダビデ像ミケランジェロの傑作が地震で倒れるのでは、と心配されています
南海トラフより警戒すべきは首都直下型「次の大地震はどこでしょうか」という地震学者を困らせる質問
海洋民族が助かったワケ スマトラ沖地震から10年先祖からの言い伝えで津波から逃げたモーケン族
都会と地方の「震災」 同規模でも被害は数百倍の違い 鳥取県西部地震の「教訓」
「地震の名前」めぐる政治的駆け引き 政治家が口を出した?
長野県北部地震 信用ならない「震度6弱」 震度を測っていないところでは、もっと震度が大きいかもしれないのです
地震予知に失敗したイタリア学者裁判の行方は-----「安全宣言」うのみにした市民が犠牲に 日本にとって決して「他山の石」ではないのです
南海トラフで東京の超高層ビルが5メートル揺れる?---長周期表面波の恐怖 まだ一度も強いこの地震波の洗礼を受けたことがないのです
新潟県中越地震から10年 「人災」と余震予想に課題浮き彫り 地震後に亡くなった人が3倍以上もいたのです
いつ起きてもおかしくない「大噴火」 言いにくいのですが、御嶽噴火は噴火としては小ぶりだったのです
御嶽山の噴火予知が失敗したワケ 「警戒レベル」はじつは学問的な裏付けがないのです 
溶岩流でハワイが非常事態宣言 ハワイはこれから新しい島が誕生するところなのです
首都直下 静穏期間終わった 異例な地震の少なさから「地震の普通の多さ」へ
日本海溝に迫る大地震予備軍「海山」 東日本大震災は海山が起こしたという疑念
噴火口がつくる「天然の良港」 先週噴火したラバウルはカルデラの中に町を作ってしまったところです
ジャンボ機のエンジン停止させる噴煙 この危険は地球物理学者しか知りませんでした
スペインで実例、地下水が誘発する地震-----東京では水位が近年上昇 近年、東京の地下水位は数十メートルも上がってきているのですが・・
中森明菜事件で逃した噴火の決定的瞬間 観測船はすんでのところで吹き飛ぶところでした
火山も原発も透視できる「ミュー粒子」メルトダウンした原発の内部を見る期待
見極めにくい火山性地震 気象庁はいつも「火山とは関係がない」と言いたがりますが・・
人工的に起きたオクラホマの誘発地震 突然、地震数が全米一になった「地震州」の理由
避難者3%・・津波過大予報は役所の”保身” 東日本大震災の余震でもオオカミ少年になりました
年に5万回、マグマが起こした群発地震 火山地帯でもないところにマグマが上がってきたとき
超難題!! 日本でいちばん安全な場所とは 講演をしていて、いちばん困る質問
日本でいちばん揺れた街を超える千代田区の「怪」 千代田区の震度1は浦河町よりも多いのです
日本特有 震度「10段階」のワケ 震度7なのに震度6としか記録されなかった福井地震
人間&社会ドラマを読み解く古地震学1730年の北海道の大地震は間違いでした
伊豆小笠原海溝でM8か 「慶長地震」が呼ぶナゾ」古地震だのみの次の南海トラフ地震予想はかくも危ないものなのです
立川断層の地震予測も外れか 穴だらけの地震年表 :歴史地震学が避けられない制約
地震は地震計が嫌い? 地震学者が地震に逃げられた…2014年5月の首都圏の地震二つも、あるいは連鎖地震だったかも
焼岳の群発地震、噴火の可能性も岐阜県高山で相次いだ群発地震は火山性だったのです
事件・事故捜査に役立つ地震計日航ジャンボ機墜落や911のNYビル崩壊を記録した地震計

盗まれた標石、科学の意外な落とし穴アイスランドでは起きないことがほかの国では起きることがあるのです
地震による新幹線事故は運次第か 報じられた脱線事故よりももっと怖い事故が紙一重だったのです
気象庁の机で寝ていた津波の電報津波は過去たびたび太平洋を越えたのです
揺れが増幅、地盤の複雑構造 地表は地下の何倍も大きく揺れるのです
目の前で大きくなる津波津波はじつは外洋では小さいのです
「通電火災」も適用外、火災保険の問題点 地震9日後の出火でも保険金は支払われませんでした

加入増加も 問題多い地震保険 損害金額をカバーできない地震保険

安心情報になりさがった津波警報 被害を増やした?津波情報

信用されない「最大」の津波警報 東日本大震災の大被害の要因のひとつは
地震学者をだました活断層 6回くり返した地震が突然なくなって・・j
活断層突っ切る新丹那トンネル 東日本大震災以後、微小地震が70倍に増えて
「思い込み」の前兆現象予測 心理学者をかっがりさせた「錯誤相関」

地震と漁獲量の不思議な関係 大地震の前にイワシが捕れるわけ j
緊急地震速報のお粗末さ ノイズを地震と見誤った震度7の警報
ノーマークだった阪神淡路大震災の教訓 「次に来る」大地震は現在の学問ではわかりません
  3・11から3年、あらためて考える首都直下地震 首都圏は一時の「静けさ」が終わったのかもしれませ
「緊急地震速報」と「予知」の違い いちばん危険な地域に間にあわない「緊急地震速報」の限界

大噴火は今世紀5〜6回起きる? じつはこの100年は日本の火山は静かすぎるのです
南海トラフ巨大地震と噴火のつながり 富士山の最後の噴火は宝永地震の49日後でした

「富士山噴火しない」はあり得ない 富士山の噴火予知はなにがむつかしいのだろう
強震を過小評価する危ない「常識」 いままで考えられなかった強い地震動がありました
地震計を邪魔する”観測の敵 海気象庁の地震計はなぜ皇居の中にあるのか
月の引力は地震を左右するのか 引き金説も否定見解多く
「極秘核実験」を探知した日本の地震計 どんな遠くの核実験でも高感度地震計には記録されるのです
弱者を狙い撃ちする現代の地震 神戸大学で学生の犠牲者のほとんどは下宿生だった

国内に3ヶ所の地震多発地帯 有感地震が年50回もある場所と5回もない場所

ナマズが誇る”電場感知” 科学者が飼ったナマズも地震を予知できませんでした
一回だけ起きた奇妙な大地震 オンカロ核処理場は10万年を保証できるだろうか

(大地震発生)パキスタンと日本の意外な関係 インド亜大陸が地震も梅雨も起こす
あいまいな「立川断層」の危険度 お粗末だった活断層調査
首都圏の地震 少ないのは異例 「休止」が解けるかも
首都大混乱!!「東京地震」の恐怖 首都圏のもうひとつの地震の巣
首都圏のごく浅いところに「地震の巣」 安政江戸地震の新事実
地震が生み出す新たな陸地 地震の恩恵
次の「関東大震災」は意外と近い? 3.11が周期をリセットした?

建物の倒壊。東京・神保町が危ない 地下は「昔」を覚えている

「惑星直列」で天変地異は起こる?予言者たちが「凶事の前兆」 いま星空で起きていること

御前崎に夏だけ巨大地震”予兆” 真夏の怪談・その2
巨大地震が発生する季節に偏り 巨大地震は冬にしか起きない?
地下を走る「妖怪」 カタツムリの速さで地下を横切る「妖怪」とは 

「不思議な地震」は南海トラフにも 「のろまの地震」は意外にたくさん起きています
「地震エネルギー」どこに消えた? 「プレートの動きと巨大地震」の計算が合わない
ゆっくり進む「普通でない」M7 人間には感じない大地震が起きている
「中越」「中越沖」ガス田での作業が地震誘発か 人間が起こした地震・その4:日本編
シェールガス採掘現場で地震が頻発 人間が起こした地震・その3:シェールガス編
「人造地震」の恐怖2 ダムが大災害の引き金に 人間が起こした地震・その2:ダム編
「人造地震」の恐怖1 地中への廃液処理で発生人間でも地震の引き金を引けるのです・その1:深井戸編
月でも起こる「深発地震」の謎月の深発地震と地球の深発地震の違いとは
大地震が”起きない”国での悲劇「辺境にだけ地震が起きる国でなぜ中層アパートが瓦解したのだろう生死を分ける地震の基礎知識」
「日本沈没級」の地震は起きるのか地球最大の地震:「生死を分ける地震の基礎知識」

このところ、政府・自治体ぐるみで大地震の脅威をあ おりすぎでは? 危うい巨大地震予測 M9クラス心配しすぎ

「火災保険は地震の"あと"で出火しても支払われませんでした。そして地震保険にはいろいろな問題があります」

トルコの地震予知の失敗:最新のドイツの技術さえも敗退しました
牧師の嘘:聖職者の言うことだから、と信用できなかった地震学者
「”つまみ食い”で利用される地震学」

ハワイに旅行する人、ご用心:地球物理学者しか知らないハワイの秘密
人間が起こした地震
:人間でも地震の引き金くらいは引けるのです
読売新聞 「談論」「阪神大震災から10年 防災知識の洗練必要」
新潟県中越地震・予知頼みから脱却を--読めない「直下型」。耐震化、重点に(共同通信配信)
地震予知、40年、一度も成功せず:私と上田誠也・平田直の三人が毎日新聞の求めで「地震予知を考え」ました
津波警報 住民避難せず:津波警報がオオカミ少年にならないためには

地震予知神話から脱却せよ---大震法(大規模地震対策特別措置法)の幻想
 崩れた大地震説 1741年の渡島西部大津波は「火山崩壊」
:では北海道の将来の大地震は?
地球物理学者の世情観察:夏に大雨が降ると地面がふくらむ理由
「内弁慶」の日本の地震予知研究:世界の討論から「敵前逃亡」
地球物理学者の推理:冬に大地震が起きるワケ
地震予知計画の(意図せざる結果としての)欺瞞
地震があると魚が捕れる?:寺田寅彦の観察を追試してみたら
マグニチュード8 十勝沖地震 発生周期に残る謎--1952年を下回った津波被害 震源海域の水深が影響
地球物理学者の調査:江戸時代の名君が想像も出来なったこと

地球物理学者の悔恨 地球物理学者の
、ノーベル賞へのひがみです。
地球物理学者の予言
地球物理学者が予言者になれないわけ
今を読み解く -- 予知難しい直下型地震 :私たちはどんな知恵を身につけるべきなのだろう。
私たちのセンサーの限界:人間はナマズに迷惑をかけたのだろうか

地震学者が翻弄されたとき:逃げた地震
寺田寅彦の「先見の明」:植物学と地震学とどちらが進んでいるのだろうか
 野鳥よりも弱きものの名:地震観測所の不幸(これは加筆して『地震は妖怪 騙された学者たち』に再録してあります)
政治家と地震の名前の関係:「地震の名前」から読みとる世相
科学者の運と不運:地震と火山の科学者は他の科学者となにが違うのだろう
阪神淡路大震災で下宿生が亡くなった理由「地震学の社会的貢献」
地震は人を殺さない:地球物理学者は、なにを見て嘆くのだろう
「次の噴火」を怖れる学者
:地球物理学者の冷や汗
20年前の世界の地震予知研究の「現状」:1983年に発表したものですから、諸外国の先生たちには「時効」で、迷惑はかからないでしょう。当時は心配しました(770KBあるpdfファイルです)
島村英紀の論説「地震予知の語り部・今村明恒の悲劇」
「地震学者が大地震に遭遇したとき---関東大震災から二ヶ月間の今村明恒の日記・注釈付きの現代語訳」
静岡新聞に連載した『大地の不思議』、2001年2月5日〜2001年9月2日の31回


海底地震計との「格闘」

悪妻をもらうと哲学者になれるなら:海底地震学者は「哲学者」になれる
人魚を食べた海女海底地震計が拾ったタマゴ
観光船の天国と観測船の地獄:北極海であこがれたチキンライス
心臓に悪い研究とは地球物理学者は何に安堵するのだろう
海底地震計パイオニアのその後:地球物理学が「二流の学問」である国
海底地震計パイオニアの凋落:経済が破綻した国の科学者の悲惨


大学の先生も学生もつらいのです

古生物学研究を阻む化石の高騰 恐竜ブームのせいで、とんでもない値段がついてしまった化石
学資のハードル:親の収入で大学へ行けない不条理
地球物理学者の茶髪:理学博士が茶髪にする嘆かわしい理由

北大生は二度と北大を受からない:北大生がもう一度入試を受けてみたら
留学願望:私たちは他国の「菊池大麓」を育てられるのだろうか
  「天国」を去る助教授:最初で最後のディズニーランド
倉庫の夢:北大の部屋のおかげで信用を失いかけた先生
地球物理学者の貧乏物語:Y君がスポーツクラブに入った理由
体育系学生の就職先:就職氷河期の学生の苦労
地球物理学者の学生争奪:先生が「学生に選ばれる」時代になったとき
名簿ビジネスの犠牲者:子供の名前を付けるときの、大学の教師からの助言とは
地球物理学者の意気消沈:高校生に見捨てられかかっている地球の学問とは

地球物理学者の教訓:年末に地球物理学者を凍り付かせたものは
地球物理学者の将来:アフリカからの留学生は食堂でなにを思うのだろう
地球物理学者の飲み水 :貧乏な国立大学を追加。

地球物理学者の勘違い:大恥をかいた地球物理学者を追加。

地球物理学者の学問:勝手に学問の名前を乱発した悲劇
地球物理学者の教え子 :就職シーズンに教師は何を思うのだろう
大学が孤立した日 :ウマが止めたノルウェーとの通信
 がんばれ、哀れな北大生 : F女子大生が見た北大生
夏涼しい大学へ:気温で大学を選ぶ学生は日本にいるのだろうか
定年の先生の嘆き:地球物理学者の持っている本の運命やいかに
 地質学者の驚愕 : 女子学生のフィールドワーク
貧乏学者の海外巡検:北海道の地球科学の進歩を邪魔するものはを追加。
ブタ印のメニュー:北大の食堂の値札にブタのゴム印を押してある理由
秀才は研究者に不向きか

 北大を歩く人 ご用心


現代科学の批判(硬く言えば科学論・大学論

大震法と地震学者の責任 :大規模地震対策特別措置法の「見直し」には大きな問題があるのです
「神の手」に踏み込んだ現代科学
権力に囲い込まれた大学の研究崩壊
科学を左右しはじめた世界的な大企業
人はなぜ御用学者になるのか
続発する『政府の想定外』の地震・仲良しクラブの地震学会
イタリアの地震予知裁判は日本にとって他人事ではあ りませ
原子力発電所は活断層だけを警戒していればいいのだろうか:活断層以外の内陸直下型地震が頻発する日本
世界の南極研究、日本の南極研究 『極地』巻頭言:南極研究とハングリー精神
巨大科学の裏
山口二郎氏から辛口の評論を、と頼まれて書いた思いっきり辛口のエッセイ
看板から地震予知が消えた
四つある地震の委員会は何が違う?
秀才は研究者に不向きか
 地球物理学の言語文化:ええ?!死火山という言葉はなくなったの?
「科学と国益のバランス :南極観測に参入する国が増えている「科学以外の」理由
科学者や行政が言うことは信用できるものなのだろうか。 科学の成果をどう伝えるのか。

仲間はずれにされた大学:地球物理学者のもうひとつの敵
地震学会に敬老精神はないのか:「官」の体質に引きずられる学会への批判
「書評に託した科学哲学」:巨大科学は堕落する
科学を置き去りにした新「地震予知」体制」:阪神淡路大震災以後、日本の地震予知研究はどう変わったのだろうか。
地震予知のバトルロイヤル:外と内で違った名前を持つ研究施設
 大学のネーミング :エラそうだけれどもわかりにくい名前ばかりになってしまった北大。
 跨座式鉄道に乗ったことある?
「科学と社会を考えるために私があえて薦める本」: じつはノーベル賞だって策を弄して分捕るものだ、『いかがわしさ』漂わせ始めた近代科学、ほか
「せめてもの社会的発言」大学の研究にとってのムダの効用
 ある「辞職」:官庁から見た辞職、本人から見た栄転
 「有料」公開講座


マスコミ批判(硬く言えばメディア論)

科学者や行政が言うことは信用できるものなのだろうか。 科学の成果をどう伝えるのか。
「科学と社会を考えるために私があえて薦める本」: 地震学者はなぜマスコミが嫌いになるか、「毎日新聞は京都大学」説、ほか


さて、どこにも分類できなかったものもありました

北朝鮮のミサイルが着弾した場所「大和堆」は日本列島が大陸から離れたときの端切れです
新幹線を止めたのは有馬温泉だった火山起源ではない温泉が有馬や白浜の温泉なのです
地球外に生命はいるのだろうか昔よりも、ずっと現実味が増しています
グーグルも信じた「幻の島伊豆大島の何倍も大きな島はじつは幻の「パーミス・ラフト」でした
地震解明のカギを握る星くず宇宙から飛んできた小さな鉄の球を探す科学者
人類滅亡の危機もたらした「磁気嵐」 1960年代、世界はあっけなく人類滅亡へ向かっていたかも知れないのです 
三原山に迫る”次の噴火” 近伊豆大島の30年前の噴火で犠牲者を出さなかったのは、たまたまの幸運だったかも
地球の外の星にも地震はあるのか この夏に受信した地球外生命からの信号は間違いでした。でも・・
日食が指し示す残酷な未来 やがて地球では皆既日食が見えなくなります
文明を断絶させた大噴火 アジアの大噴火は欧州の暗黒時代を引き起こしました
地球に宇宙線が降り注ぐ日 アポロ計画の宇宙飛行士の死因
パニックを恐れるあまりに起きた悲劇 25年前の雲仙普賢岳の火砕流は地球物理学者にとってなんとも苦い思い出なのです
すべてを飲み込む「泥火山」の恐怖
インドネシアで10年も続いている災害 
多くの犠牲者を生む「火山泥流」 日本最大級の十勝岳の火山泥流から90年
知られざる空からの災害明日、地球をかすめる小惑星。でも危険はこれだけではありません
太陽系9番目の惑星と地球で起きる「事件」 地球の10倍もの重さがある惑星が「はじめて発見」されました 
太陽から降ってくる抗いがたい災害 じつは2012年も2014年も危ないところだったのです
火山の噴火を知らせる磁力の仕組み あちこちの火山に磁力計を置き始めた理由
経験と勘に頼るばかりの噴火警戒レベル もっとも経験が長いはずの阿蘇火山でも、近年3回もの死者を出した噴火は予知できませんでした
噴火予測の困難さ見せつけた桜島
35年もの経験が役に立たなかった「大噴火の空振り」
月の誕生をめぐる、惑星の大衝突「第二の月」を見つける研究の進展
数千キロの旅の末、発見されたマレーシア機発見されたインド洋のレユニオン島はじつは地球物理学者には有名なところでした
いつの世も火山活動に振り回される観光産業 気象庁の渋い顔を尻目に入山規制を取り消した地元
地球と酷似する金星にも火山活動 太陽系で火山が活動している「仲間」が増えました 
7月1日3年ぶり「うるう秒」生む地球の深部 「地球の自転の揺らぎ」の原因はまだわからないのです
爆発的マグマ噴火が運んだダイヤモンド  ダイヤモンドが人類の手に入るまでは数奇な運命をたどったのです 
世界の気候にも影響を及ぼす火山灰 ちょうど200年前、現在までの世界最大の噴火が起きました 
頻度高まる隕石の衝突 「杞憂」は笑いごとではないことが近年分かってきています
北海道でもオーロラ!! 大騒ぎ 近代文明は、ふたたびオーロラを恐れるようになったのです
日本人全滅の可能性ある「カルデラ噴火」 福島原発でメルトダウンした核燃料は最新の手法でも見えないところまで落ちていました 
現代科学では解けないナゾ 2015年4月4日に皆既月食 日食が再び恐怖の的になったとき
地球の丸さの世界初の測定 :2000年以上も前に地球の丸さの測定が正確に行われていたのです
「太陽系外惑星」に高等生物が生存する? 遠くの星に人間以上の高等生物が生存しているかどうかを探る科学
現代社会を混乱させる磁気嵐 ハトレースのハトが全滅した理由
地球物理学者にとっての「一日の長さ」 :地球が24時間で1回転しているのは、いま、たまたまなのです
日本の「地球物理学的な」歴史 :日本列島は地球の歴史でもごく最近に出来たものなのです
『文藝家協会ニュース』に寄稿の「ノンフィクション・独房滞在」
 フランス人に出来て、日本人に出来ないこと:日仏日本海溝共同調査(KAIKO)計画から学んだこと
「火山が噴火したあとで」(島村英紀の既発表の著作から)
 「ジェット機の敵は火山」
 地球物理学者と読む宮沢賢治:現代の科学から見た賢治の地球科学的な描写
地球の自転が揺らぐとき
:私たち地球物理学者だけが感じている地球の不安定
 ウサギの言い分:人間がグルカ兵とウサギにしてきたこと
  99万9000アクセス達成記念・新シリーズその9:「世界でいちばん人口が減った島」
誰がハトを迷わせた?:ハトレースの主催者が地球物理学者に尋ねるべきこと

地球探査船の冒険:島村英紀が書いた科学ファンタジー
『公認「地震予知」を疑う』(柏書房)に収録した島村英紀が初めて書いたフィクション:その1
『公認「地震予知」を疑う』(柏書房)に収録した島村英紀が初めて書いたフィクション:その2
アフリカの仮面との出会い:西洋や東洋の美術が到達しえなかった「作品」
アフリカの仮面の「眼」:表現の制約のなかで「眼」を表現する難しさ

氷河の中の一生:この世でもっとも可哀想な生物の生涯
偶然の、また偶然:国立極地研究所の地下室に、なぜ、火星から来た隕石が座っているのだろう
地震学会に敬老精神はないのか:「官」の体質に引きずられる学会への批判
都会を去った地震計、都会に住み着いた地震計:なぜ、ビルのエレベーターに地震計が備えてあるのだろう
クジラを数える素敵な方法:アラスカの沖を通るクジラをゴルゴ13なみに捉える方法とは?
北極海のUFOの正体:原子力潜水艦を追う地震計
動物的予知:ヒトに地震予知や噴火予知ができたとき
地球物理学者の習性:なぜに哀しい習性が身についたのか
書評『日本の地形 北海道』 :北海道大学の地理学科が地球物理学科に「さらわれた」ゆえに・・

どこへ行った?道内学生:北海道内出身者が理学部に少ない理由
  33万5000アクセス達成記念・新シリーズその7:「世界でいちばんたくましい国」
 
13万アクセス達成記念新シリーズその6:「世界でいちばん雨の多い国」
 
11万アクセス達成記念新シリーズその5:「流浪の科学者」
  10万アクセス達成記念新シリーズその4:「世界でいちばん過疎の国」
  10万アクセス達成記念新シリーズその1:「世界でいちばんケチな国」
10万アクセス達成記念新シリーズその2:「世界でいちばん危ない国」
  10万アクセス達成記念新シリーズその3:「世界でいちばん楽天的な国」
地球像をめぐる芸術と科学の対話――ウィーンで実験的なシンポジウム (『日経サイエンス』1996年4月号)
地球物理学者の悔恨 地球物理学者の
、ノーベル賞へのひがみです。
ジョージ・ブッシュ大統領が邪魔した地震観測:地球物理学者の心痛
「正月にふさわしい雑文−1」:地球物理学者の年始

 「私の忙中閑」:趣味が救った命
「正月にふさわしい雑文−2」
:亀の長旅(これは加筆して『地震は妖怪 騙された学者たち』に再録してあります)
「人間の方向感覚、動物の方向感覚:(上の後日談。動物がどうやって移動するか、まだ学者の頭を悩ましています
 外国人の引き継ぎ自転車:タダで引き継がれる理由
安保の激動の中で--「叫ばぬ」東大新聞 私(島村英紀)と東大新聞


追悼文編

大学の恩師・浅田 敏 先生を悼む
国境を越えた先生・リクノフ氏を悼む


乗り物編

フランス人の冗談:地球物理学者はどんなときに命の淵から還った喜びを味わうのだろう
 跨座式鉄道に乗ったことあ る?
南極観測船の船出:地球物理学者の別れはなぜ味気なくなってしまったのだろう
学者にとってのニンジン:南極観測隊員の不運
 外国人の引き継ぎ自転車:タダで引き継がれる理由
「科学と社会を考えるために私があえて薦める本」: 日本の自動車技術『神話』をあばく、ほか
 「私の忙中閑」:趣味が救った命
  10万アクセス達成記念新シリーズその1:「世界でいちばん・・の国」を掲載。

島村英紀が書いた「地球と生き物の不思議な関係」へ
島村英紀が書いた「日本と日本以外」
島村英紀が書いた「もののあ われ」
本文目次に戻る
島村英紀・科学論文以外の発表著作リストに戻る
雑文・エッセイ:「ほんわか系」から「シリアス系」の順に並べた索引
テーマ別の索引はこちらへ
島村英紀が撮った写真



SEO [PR] 住宅ローン フラワーギフト 必勝祈願 冷え対策 動画 無料レンタルサーバーSEO